塗膜防水

防水塗料を塗り重ねて水の浸入を防ぐのが塗膜防水です。ウレタン樹脂を塗り付ける「ウレタン防水」は、ゴム状で一体感のある防水層を形成できます。さらに、硬化するのが速い「超速硬化ウレタン防水」なら品質の安定性がより高まります。 当社では、専用システム搭載車両を使い

1.機械施行による「安定した品質」
2.きわめて短い硬化時間「早い」
3.膜厚の確保が容易「厚みがある」
4.優れた塗膜物性「強い」


と、いった防水工法へも特化しています。

FRP防水

FRPとはFiber Reinforced Plasticsの略称で、繊維強化プラスチックのことです。
FRP防水では、ポリエステル樹脂を塗布してからガラスマットを貼り付け、防水用ポリエステル樹脂を染み込ませて硬化させます。
施行ににおいが出るものの、軽量で強靭なのが特徴。耐酸性があり、酸性雨や紫外線から建物を長期的 に保護することができます。

塩ビシート防水

塩化ビニールシートから作られた防水シートを下地に張り付ける工法です。塩ビシートは耐久性が高く、施行時の美しい状態を維持しやすいという特徴があります。
既存のシートが傷んだら、そのまま塩ビシートをかぶせて使用することもでき、低コスト・短期間で防水方法です。 ただし、シートを張り付けていくため複雑な形状の下地ではきれいに施行できない場合があります。